ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
キーワードでさがす
現在地 トップページ > 村長の部屋 > 特定復興再生拠点区域の避難指示解除および特定復興再生拠点区域外の土地活用に向けた避難指示解除について

本文

特定復興再生拠点区域の避難指示解除および特定復興再生拠点区域外の土地活用に向けた避難指示解除について

<外部リンク>
印刷ページ表示 更新日:2023年4月15日

 令和5年4月15日、国、福島県および村は、本村の特定復興再生拠点区域および拠点区域外の長泥曲田公園の避難指示解除について協議を行いました。

 協議において村は、避難指示解除日時を「令和5年5月1日午前10時」と提案し、国および県より同意を得ました。

 避難指示解除に当たっては、一昨年からの住民や議会の皆様に丁寧な説明を行い、ご理解、ご了承をいただきました。

 長泥地区では、避難指示解除に向けた生活環境の整備が進むとともに、住民の復興・再生に対する意欲が高まっていくのを感じております。

 この住民の思いを大切に未来につなげていくため、村としては「夢のあるふるさと長泥」を目指して様々な施策を検討しています。

 それらの施策を講じるためにも、先ずは着実な避難指示解除が必要不可欠であると考えております。

 また、線量低減実証事業等の効果確認、長泥地区の復興・再生に向けた取組の情報発信等を目的として、拠点区域外に長泥曲田公園を設け、拠点区域外の土地活用に向けた避難指示解除に関する仕組みである「土地活用スキーム」を利用した解除をいたします。

 村としては、引き続き、帰還困難区域の全域解除を目指した取組を進めます。

 そして、今後も農業の復興、商工業の誘致、道路整備等に対する解除後の継続的な支援、拠点区域外の全域解除に向けた取組に対する支援について、国および福島県に強く要望してまいります。

 

令和5年4月15日

飯舘村長 杉岡 誠

 

特定復興再生拠点区域の避難指示解除および特定復興再生拠点区域外の土地活用に向けた避難指示解除左から鈴木正晃福島県副知事、杉岡村長、太田房江原子力災害現地対策本部長、師田晃彦原子力災害現地対策本部副部長


このページの先頭へ
Copyright (C)Iitate Village All rights reserved.