ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 分類でさがす
  • 組織で探す
  • サイトマップ
村の出来事フォトニュースメニュー

児童生徒がラオス選手団にエール(7月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月27日

 「いいたて学」の一環でホストタウンプロジェクトに取り組んでいる「いいたて希望の里学園」の児童生徒が、7月19日、ラオス選手団への応援を込めてパネルを制作しました。

 「希望の火」としてパネルに描いたのは、思いをつなぐ2つのトーチです。児童生徒が思いを込めて、炎のピースにメッセージやイラストを描き、パネルに貼っていきました。アイデアを出し合い、下絵の制作から力を発揮した9年生は、完成した美しい「希望の火」を前に、「思いが一つに重なり一体感のある作品になりました」と達成感をにじませました。活動の様子はパラリンピック聖火リレー「聖火フェスティバル」でも紹介されるそうです。

1
たくさんの応援メッセージが、トーチをつなぐ一つの炎に