ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 分類でさがす
  • 組織で探す
  • サイトマップ
村の出来事フォトニュースメニュー

移住者100人達成記念品贈呈式(9月1日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年9月2日

 移住者100人達成を記念して、9月1日、村役場で、100人目の方に記念品を贈呈する式が行われました。

 村は、東日本大震災の発災時に住民登録がなく、平成29年3月31日の避難指示解除(長泥地区を除く)以降に転入した人の中で、定住の意思を示していただいている方を「移住者」としています。避難指示解除から3年5か月、その100人目となったのは、塚越栄光(ひでみつ)さんです。塚越さんは、8月20日、草野地区に移住しました。

 記念品は、これからの生活に役立てていただく日用品のセット。花束とともに、菅野村長が手渡しました。塚越さんは、造園会社の代表で、仕事でつながる渋谷公園通商店街の活動などを通して村を支援。平成29年からは、村のPR大使「までい大使」も務めていただいています。菅野村長は、これまでのつながりに感謝を述べ、「都会にはないよさを味わってください。塚越さんの人生がより素晴らしいものになるよう祈っています」と歓迎。塚越さんは「移住したいと思い続けてきました。100人目になれて、うれしい。村のまでいを広めたい」とあいさつしました。

1
式の後の記念撮影で。左から2人目が移住100人目の塚越さん