ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 分類でさがす
  • 組織で探す
  • サイトマップ
村の出来事フォトニュースメニュー

スマート農業・畜産業技術体験フェア(11月29日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月2日

 11月29日、交流センター「ふれ愛館」で、県と、福島イノベーション・コースト構想推進機構による「スマート農業・畜産業技術体験フェア」が開催され、研究機関や関連企業が展示やプレゼンテーションを行い、来場者に最新情報を提供しました。

 村民の先進事例の報告では、県の一元管理システムの実証に協力した畜産家・佐藤一郎さん、復興農場を経て現在は「フェリスラテ」代表の酪農家・田中一正さんが登壇しました。佐藤さんは一元管理システムの利点と共に「村から新しい取り組みを発信したいという意気込みがあり導入した」と当時を振り返り、田中さんは「支援いただいた恩を、社会貢献活動を通して次の世代に伝える。業界が羽ばたいていけるよう考えたい」と想いを語って、来場者の共感を集めていました。

 県では、畜産業におけるICT機器導入やGAP認証の支援を行っており、農林事務所等で問い合わせを受け付けているということです。

1
システム導入の効果を説明する佐藤さん(檀上右端)