ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
  • 分類でさがす
  • 組織で探す
  • サイトマップ
村長の部屋メニュー
トップページ > 村長の部屋 > 小さな幸せを 大きな幸せに。

小さな幸せを 大きな幸せに。

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月5日

 20年ぐらい前に「がばいばあちゃんの勇気のある言葉」という本がベストセラーになったことがありました。

 「がばい」とは、佐賀県の方言で「すごい」ということだそうです。何もない昔の時代を生きぬいてきたばあちゃんから聞かされた言葉を、育てられた孫が人生訓の本にまとめたものでした。その本にはこんな言葉が書かれていました。

・まず、仕事をしよう。仕事さえしていれば、みそ・しょう油・米・友達・信用がついてくる。

・頭のいい人も悪い人も金持ちも貧乏も50年経てばみーんな50歳になる。心配するな。

・贅沢するだけが、幸せじゃないよ。小さな幸せを大きく感じることが本当の幸せなの。

・時計が左に回ったら壊れたと思って捨てられる。人間も昔をふり返らず前へ前へと進め。

等多くの「なる程、そうだよな」の言葉が並んでいる本でした。

 今、私たちは思ってもみなかった全村民避難の生活が6年目を迎えようとしています。そして間もなく、その避難指示が解除されることになりますが、あくまでもゴールではなく、そこからがスタートです。人それぞれ、いろんな考え方があり、数限りない問題を抱えていることも事実です。しかし、この「がばいばあちゃん」のような考え方を心がけていくことが大切なのではないかと改めて思ったところです。

 小さなことにでも、ちょっとの喜びの気持ちをもち、前向きに明るく過ごすことが、この難局の中でストレスを溜めない方法になるのかもしれないと久しぶりに開いた本から学んだことでした。


平成28年11月18日
飯舘村長 菅野典雄