ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

緑の文化財

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月1日

常念寺のイチョウ

江戸時代中期に時の住職により植えられたものと思われ、推定樹齢250年で樹勢も旺盛です。

常念寺のイチョウの画像

名称常念寺のイチョウ
所在地相馬郡飯舘村二枚橋字本町38 常念寺
樹種イチョウ
樹齢(年)250
樹高(m)22.0
胸高周囲(m)4.0
胸高直径(m)1月2日
天然記念物

白山神社のケヤキ

白山神社は中村城代草野式部の舘跡に天文10年(1541年)に創建された神社で、元文4年(1739年)に再建されましたが、推定樹齢から見て、再建の頃に記念に植えられたものと思われます。いずれも、それぞれの樹種では村内随一の大樹として、村民に親しまれています。

白山神社のケヤキの画像

名称白山神社のケヤキ
所在地相馬郡飯舘村草野字沢目木55
樹種ケヤキ
樹齢(年)300
樹高(m)34.0
胸高周囲(m)4.50
胸高直径(m)1.50
天然記念物-

白山神社のモミ

白山神社は中村城代草野式部の舘跡に天文10年(1541年)に創建された神社で、元文4年(1739年)に再建されましたが、推定樹齢から見て、再建の頃に記念に植えられたものと思われます。いずれも、それぞれの樹種では村内随一の大樹として、村民に親しまれています。

白山神社のモミの画像

名称白山神社のモミ
所在地相馬郡飯舘村草野字沢目木5
樹種モミ
樹齢(年)300
樹高(m)33.0
胸高周囲(m)4.70
胸高直径(m)1.90
天然記念物-

稲荷神社の社叢

「門のヒイラギ」は縁起が良いという言い伝えがあり、福島県が北限の厳しい自然条件の下で、古くから所有者によって大切に管理されてきました。現在も枝張り・樹勢ともに優れ、老齢木としての容姿が見事です。

稲荷神社の社叢の画像

名称稲荷神社の社叢
所在地相馬郡飯舘村比曽字比曽454 稲荷神社
樹種モミ、ナラ、ハリギリ、ブナ等
樹齢(年)200
樹高(m)25.0
胸高周囲(m)1月30日
胸高直径(m)1月30日
天然記念物-

飯樋のブナ

ブナは裏日本積雪地帯の高山に分布する雄雌異株の常緑針葉樹低木で、イチイ科のイチイの変種です。本株は雄株で実はつけませんが、老齢木ながら枝張り・樹勢ともに優れ、15mに広がる笠状の容姿が見事です。

飯樋のブナの画像

名称飯樋のブナ
所在地相馬郡飯舘村飯樋字町(飯樋小学校隣り)
樹種ブナ
樹齢(年)290
樹高(m)23.0
胸高周囲(m)1月11日
胸高直径(m)1月11日
天然記念物-