村民の声ネットワークシステム オープニングセレモニーのようす

8月8日(水)午前9時30分~

飯舘村役場飯野出張所2階会議室

 

 情報タブレット端末の本格運用開始に合わせて、関係各位を招いて開通を祝う式典「オープニングセレモニー」が開かれました。

 村長は冒頭のあいさつの中で「これまで家族や地域のつながりを大切にしてきた村民が、避難により離ればなれになっています。広報の充実や懇談会の開催などを行ってきましたが、さらに情報を必要とする村民の声に応えるためのシステムです。村の情報を即座に送り、村民は好きな時に情報を取り出すことができます。双方向通信により村への要望を送っていただくこともできます。また、テレビ電話で顔を見て話すことができますので、例えばお年寄りが離れて住む孫の成長を見られたり、逆にお年寄りの健康に気を配ることができたりもします」と事業を紹介し、関係者の支援と協力に深い感謝を述べました。

 事業を支援した総務省東北総合通信局の越後和則氏ら来賓とともに、村長・村議会議長がテープカット。その後テレビ電話を使い仮設住宅の村民と村長によるデモンストレーションが行なわれました。デモンストレーション用に接続したテレビ画面に村民が登場し「使い方にはまだ慣れていなくて、毎日のように習っていますよ」と話すと、村長は「ぜひタブレットを使って、ご要望や近況をお知らせください」と応じるなど会話を楽しみ、来賓らに機能の一端を披露しました。