平成27年度決算における引き上げ分の地方消費税交付金の使途について

平成27年度決算における引き上げ分の地方消費税収は、「消費税法第1条第2項に規定する経費(社会保障4経費)その他社会保障施策に要する経費」に充てるものとされています。この財源は主に次の事業の一部に使われています。

平成27年度

【歳入】地方消費税交付金(社会保障財源化分)        101,851千円

【歳出】社会保障経費その他社会保障施策に要した経費    996,995千円

 

充当内訳                                (単位 : 千円)

区分 決算額 地方消費税交付金
(社会保障財源化分)
充当額
(1)地方単独事業 450,315 51,085
(2)国庫補助事業 422,867 32,691
(3)投資的経費 0 0
(4)公債費 105,388 15,385
(5)共済負担金 18,425 2,690
合計 996,995 101,851

※地方消費税交付金(社会保障財源化分)は、各事業に要した一般財源の比率で按分して充当しています。

○各事業の決算額の内訳は、添付ファイルをご覧ください。

事業ごとの財源内訳(平成27年度)

①地方単独事業として実施する社会保障関係事業に要する経費(平成27年度決算)

②国庫補助事業等として実施する社会保障関係事業に要する経費(平成27年度決算)

④社会保障関係施設に係る公債費(平成27年度決算)

⑤共済負担金のうち基礎年金拠出金及び育児休業負担金(公的負担分)(平成27年度決算)