若松復興副大臣来村のようす

2月5日(金)午前8時30分~

飯野町団地・村役場本庁・「いいたてホーム」他村内各所

 

 若松謙維(かねしげ)復興副大臣が、村の各所を視察して、村役場本庁で菅野村長・愛澤復興対策課長・中川除染推進課長と会談を行いました。

 会談では、副大臣から、除染の進捗状況と今後の課題、復興公営住宅の準備状況、教育施設の除染と改修、商業施設や医療施設の再開見込みなどについて具体的な質問があり、村が説明を行いました。また、復興事業を推し進めるために、国の制度拡充や支援策を引き続き求める、村側の意向も伝えました。

 若松副大臣は、復興公営住宅飯野町団地や、特別養護老人ホーム「いいたてホーム」に立ち寄り、村内で進む復興事業の現場なども視察しました。そのうち「いいたてホーム」では、質の高い介護と県内屈指の施設環境を維持しながら職員不足への対応が続く状況が、副大臣に伝えられました。菅野村長は、今回の視察と聴き取りが国の取り組みに反映されるよう、また、賠償の先の被災地の自立に向けた支援が不可欠であることを、重ねて訴えました。

 

村長・復興対策課長・除染推進課長と村役場本庁で会談する若松副大臣(右端)