飯舘村役場ホームページ
サイトマップ サイト内検索
文字サイズ 文字サイズ小 文字サイズ標準 文字サイズ大
飯舘村役場 〒960-1301 福島県相馬郡飯舘村伊丹沢字伊丹沢580番地1  電話:0244-42-1611(代表) FAX:0244-42-1601
メールアドレス:Eメールアドレス
こちらのサイトは過去の情報(震災以前)となります
トップページ各課情報までいな家より。(2011年3月前半)
までいな家より。(2011年3月前半)

鴨川視察研修評価会 3月2日
までいな家のスタッフと村内のエコサポーターで、先月鴨川市へ視察研修に行ってきましたが、昨夜その評価反省会を開きました。

エコサポーター4名に各自レポートを書いてきていただいて、それを踏まえてそれぞれ研修の感想や想いを語ってもらいました。

P1010844-1.JPG
みなさんから出た感想や意見をまとめますと、

・林良樹さん(鴨川自然王国理事)はすばらしい人物。
 安房マネーなどいろいろな活動のキーパーソン。
 初めから都会と地方を融合させるために来た、地域にかかわりに来たところが
 すばらしい。

・鴨川と飯舘は気候や環境など、まるで違うので、鴨川が先進地だからとまるきり
 真似するのではなく、飯舘は飯舘の方法を足元を見て着実に創っていかなくては。

・地域通貨がひとそれぞれの良さを分かち合えるツールになっているのが良い。
 (地域通貨の導入は)飯舘村ではなかなか困難な面もあるかもしれないが、なにか
 一工夫して、人を輝かせるための仕組みをどうにかつくれないものか。

・川俣、飯舘、飯野町を中心に「ダベ」という地域通貨を安房マネーと同じ頃に
 始めたが、会員60人になった頃から停滞気味。
 鴨川のように様々な職種の人、また外から新しい人が入ってこないとなかなか
 広がらないし続かない。
 鴨川は安房マネーを通じていろんな人が集まることによりおもしろいエネルギーが
 生まれているのを感じた。

・古い畳を再利用した壁など、いろいろな工夫に感動した。

・地元の方が作った質のよい炭を、Iターン者の紹介したデザイナーがデザインした
 洗練されたパッケージの商品があった。地元にある質のよい商品を、洗練された
 パッケージデザインなど、Iターン者がかかわることで価値を高めることができていて
 感心した。

・飯舘になくて鴨川にあるもの、飯舘にあって鴨川にないものをやりとりするなど、
 今後も鴨川と交流を続けていきたい。
 例えば鴨川のあちこちで見られたレモンの木(実にキズがあったり見栄えは
 よくないが無農薬で安心)のオーナーになって、こちらからはハチミツを送ったり。

また、までいな家での今年度の取り組み、来年度の事業計画などもお知らせして、
サポーターの皆さんからのご意見をいただきました。

今回のように、村のこれからについて・他の地域での参考にしたい取り組みについての
情報交換など、いろいろなことを自由に話し合える場を、までいな家で毎月一度
第1水曜日に開くことに決まりました。

第1回目は来月4月6日(水)18:00~です。エコサポーターでなくても、までいな家での
活動に興味のある方、村のこれからについて語りたい方・・・ ぜひご参加ください。





 




















前のページへ戻る

トップページ各課情報までいな家より。(2011年3月前半)